空調機のモータ故障修理

エアハンドリングユニットのモータが故障してしまい、至急修理の作業を行いました。
今回はその修理したモータの取り付け作業を紹介します。

作業内容

image1
こちらがエアハンドリングユニットです。
image2
機械室が屋上のため、
モータをLアングルで固定して運搬します。
image1
作業用の足場を作り、モータを運びます。
image2
圧力クレーンでの持ち上げます。
image1
足場にモータを移動させます。
image2
固定していたLアングルを外します。
image1
空調機の台座まで動かします。
image2
モータを台座に取り付けます。

image1
プーリーを取り付けます。
image2
配線の繋ぎ込みます。

image1
Vベルトを取り付けます。
image2
最後に保護カバーを
取り付けて作業は完了です。

今回のモータは重量が100kg以上になり重くなっています。
運搬するのが大変になっており、怪我や事故などが起きないように慎重に作業することが大切になります。