ニュース

空調機加湿器電磁弁不良交換作業

空調機の加湿器電磁弁不良の為、常に給水状態になっていました。
そのため加湿器の電磁弁交換を行いましたので、ご紹介します。

こちらの空調機の加湿器電磁弁が
動作不良で止水ができない状態です。

はじめに給水バルブが閉まっているか、
ブレーカーがオフになっているかを確認します。

これを怠ると、配管を外した時に
水が流れてきて溢れてしまうので
注意が必要です。

次に電磁弁につながっている
ホースコネクトを取り外します。

取り外したコネクトは水に
水に掛からない場所に置きます。

取り外したホース内に
残水が残っている場合があるため、
機器等にかからないように注意します。

架台から取り外している様子です。

ビスで固定されていますので、
取り外してから電磁弁交換を行います。

配管と減圧弁を取り外します。

供廻りをしないように固定して
電磁弁を取り外します。

こちらが電磁弁の新旧です。
左側が新品で、右側が旧品です

既存の電磁弁は既に廃番のため、
後継型を取り付けます。

コネクタの電線と電磁弁の電線を
防水型圧着端子で繋げます。

圧着後に電線を軽く引っ張り、
電線が抜けないか確認致します。

圧着後にヒートガンで被覆部を加熱し、
被覆内部の接着剤が融解させ、
電電と絶縁被覆を密着させます。

架台を取り付けます。
取り付ける際、ビスに緩みがないか確認します。

空調機に取り付けます
架台がぐら付かないように固定します。

試運転の状態です。
水が出ているか、配管の継ぎ目から
漏水していないか確認して終了です。