ニュース

貯湯槽清掃

今回は貯湯槽の清掃・整備の様子をご紹介します。

貯湯槽

こちらが今回清掃する
貯湯槽になります。

内部の水を排出

まずはドレンバブルを開けて、
内部の水を排出します。
給湯過熱は2日前より
停止しています。

マンホール部の保温

次に外観の亀裂・劣化等の点検を
行い、マンホール部の保温を
外していきます。

ふたを開けた状態

保温・ボルトナットを外し、
ふたを開けた状態がこちらです。

水垢を落とす

槽内に入りスポンジでサビや
水垢を落としていきます。

塩素剤を用いて消毒

清掃によって出た汚れや
洗浄水を完全に排水し、
塩素剤を用いて、数回槽内の
消毒を行います。

ポンプのエアを抜き、試運転

貯湯槽の水張り終了後、
ポンプのエア抜き、試運転を行い、
正常に動作する事を確認します。

水質検査

色度・濁度・給湯温度等の
水質検査を行います。

マンホール部を復旧

最後にマンホール部を復旧して、
作業終了です。

弊社では電気、空調、給排水機器の
更新やリニューアル提案から、
メンテナンス・整備業務も
行っています。