ニュース

冷却塔清掃及び満水保管剤投入

当建物の冷却塔はシーズンオフの清掃後、
満水状態で保管し、発生器内のチューブ及び冷却水配管を腐食から守ります。

定期的な清掃

使用してない期間が長期に渡ると、
写真のように内部に藻が大量に発生してしまいます。

また、レジオネラ菌の発生にも繋がる為、
定期的な清掃や薬剤の投入が必要です。

清掃後の写真

清掃後の写真です。
多くの場合使用しない期間は水を入れずに保管しますが、
こちらの冷却塔は満水状態で保管し、腐食から守ります。

2液処理

冷却水系は腐食が生じやすい環境にあります。
そのため、適切な処理をしないと、機器や配管の損傷が発生しやすくなります。

この冷却塔では、防食剤と藻の殺菌剤の2種類の薬品を投入する
「2液処理」を行っています。

弊社では、電気、空調、給排水機器の更新やリニューアル提案やメンテナンス業務、整備業務も行っています。