ニュース

UPS(無停電電源装置)バッテリー交換

UPS(無停電電源装置)のバッテリーが寿命になり交換をしましたので、ご紹介します。

初めにUPS本体の電源を切ります。

UPS正面のカバーとバッテリーを固定している
バッテリーカバーを外します。

バッテリーの接続コネクターを取り外し、
バッテリー本体を引き抜きます。

バッテリーの新旧比較です。
上が新品のバッテリー、
下が古いバッテリーです。

UPSのバッテリーが入っていた部分の内部に
埃が溜まっていたので掃除機で清掃しました。

新しいバッテリーを差し込んでいるところです。

コネクターを接続し、バッテリーの
固定カバーと正面カバーを取り付けます。

次に冷却ファンの交換です。
初めに冷却ファンのカバーと
固定ビスを外します。
その後似接続コネクターとファン本体を
取り外しました。

冷却ファンの新旧比較です。
右が新品の冷却ファン、
左が古い冷却ファンです。

新品の冷却ファン本体を取付け、
コネクターを接続します。

ファンのカバーと固定ビスを取り付けます。

UPSの電源を入れて、
バッテリーの充電量の確認、冷却ファンの運転
確認、動作チェックを行い作業終了です。